【バンケツ】レべリングに使える討伐別攻略情報まとめ!序盤は、優先して本編を開放していこう!【レべリング攻略・情報まとめ】

わかめ青選択本編討伐を進める為に必要になってくるレべリング。
この記事では、英傑の育成に使えそうな本編討伐のステージ別攻略情報をまとめています!
所持英傑の種類や、編成レベルによって育成方法は変わってくるかと思いますので、有名なステージからまとめています。

※本編討伐第一部全体の、討伐名・敵構成等のネタバレを含みます。
ストーリーに触れる部分のネタばれはないようにしていますが、ヒントや情報を入れたくない場合は、閲覧にご注意ください。

ステージ別・本編のオススメレべリング討伐情報

序盤向け(第1章~第3章前半)

主にゲームを始めたばかりの、レベル30未満・またはレベル30付近の編成に向けています。

●第二章第九話「ネコマタ再来」

中盤向け(第3章後半~第5章)

ある程度育った英傑が育ってきて本編討伐もやや難易度が上がってくるあたりです。
レベル50未満+転身前の英傑が中心の編成を目安としています。転身後の英傑を入れた編成で安定周回しやすくなります。

●第三章第八話「第三の試練・カグツチ」

●第四章第七話「わかめの為なら」

●第四章第九話「祖谷の用心棒」

●第五章第七話「愛しのあの子を巡って・弐」

●第五章第十一話「イザナミからの文」

転身後・第6章以降

レベル50を超えた転身後の英傑が中心の編成をクリア目安にしています。
クリアにも転身後の英傑がいなければクリアが難しくなる難易度ですが、習得経験値が、一番多く設定されているので第6章まではレべリングのためには、解放しておいたいところ。

●第六章第十話「清らかなる結界」

●第七章第五話「裂かれた友との絆」

●第七章第六話「罪の意識」

●第九章第三話「託された希望」

●第十章第九話「魔元帥べリアル」

第二部

第二部に挑戦できるようになるころには、育成を行っている英傑や編成のスタイルによって自分のクリアしやすい編成にあったステージを周回していくのがオススメです。
周回向けのポイントとして、重視したいところ以下のあたりです。第二部は、敵編成の人数も多く、後衛にいても攻撃が及ぶことが多くなってきます。
攻撃の早い忍や星詠みの全体攻撃を打てる英傑を複数連れていくことをオススメします。

  • 比較的簡単に「松」クリアができた討伐
  • 選択肢がない
  • 魔狼等の先制攻撃をしてくる敵が少ない・または追い抜ける討伐

【独断と偏見によるオススメ討伐】
※詳細は後日個別にまとめていきます。

  • 第一章第一話「鉄の船」
  • 第一章第七話「希望の岬」
  • 第二章第話「乱れ飛ぶ瓦版」(戦闘4回、先手を取れる編成がオススメ)
  • 第三章第話「いざ、竜宮城へ」
  • 第三章第話「殺界炉を探せ」

攻略情報は、今後も記事ができ次第更新していきます!

レべリングの進行方法・基本について

基本的に、後半のステージになるにつれて、「習得できる経験値量は多くなる」ので、できる限り本編討伐を優先して進めて行きましょう!
レベル50で英傑を転身させることができるので、長期的に使っていきたい英傑は、転身まで育成させておくと、後半のステージ周回がやりやすくなります。

★忍・星詠み等の全体攻撃が打てようになる英傑の育成は、本編攻略にも長期的に必須!
これから、本編の攻略を目指して行く場合は、今後のレべリング、本編攻略に備えて「忍」「星詠み」の育成は誰か一人行っておきましょう。
チュートリアル中の、2回目の鶺鴒台で産魂出来る金背景英傑には「ヤマビコ(忍)」「アマクサシロウ(星詠み)」「アシヤドウマン(星詠み)」は育成後に、全体攻撃が打てる様になります。
忍のヤマビコは戦闘特化ではありませんが、早熟型でステータスの伸びが早いです。忍の兵種は攻撃順序を速めることができ、陽転身レベル75で全体攻撃を覚えるため序盤から育成しておけば、今後のレべリングの引率としても、活躍できます。

●火力が高く、周回に安定する「鬼人・剣士、または侍」の序盤育成も進めておこう!
本編討伐にて、序盤で戦力になりやすい「鬼人・剣士」の育成は一通りしておきましょう!
周回では、いかに効率よくステージをクリアするかが重要なので、敵をきっちり倒せるように火力のあるメンバーは入れておきましょう!(又は高レベルの英傑を2~3人は入れておく)
侍も攻撃は高く、有効な戦力ですが、やや体力が低い傾向にあるので、クリアに余裕を持った編成で組み込んでいきましょう!

「鬼人」は、火力が高く、体力も多いのでレべリング周回用にも、複数育成しておくのがおすすめです。
(サンキボウはステータスが攻撃特化とやや特殊のため、やや例外)
前衛と合わせて、忍・楽士・星詠み・天将の育成もしていきましょう!

●高速周回レべリングには,忍が活躍!高火力の星詠みとセットにして,高速レべリング!(上級向け)
基本の戦力が整ったあと、効率よく高速周回するなら、忍中心の編成がオススメ。
広範囲の攻撃&攻撃順序が早いので、複数の忍が育成できたらぜひ挑戦してみてください。二ノ刻がなくなります。
前後ともに配置することで、攻撃の遅い前衛兵種も先手を取りやすくなるので、戦闘の回転が速くなります。
本編討伐がある程度攻略でき、レべリングが中心になれば、この忍中心のレべリングが主流になるので、

全体攻撃ができる星詠み・忍とセットにして、先制攻撃しましょう!(例・後衛配置)打ち漏らした敵は、前衛の火力のあるメンバーで片づけてしまいましょう。
育成したい英傑は、後衛において保護してもいいですし、適正配置でもOK。

▽参考例(前:忍・(侍・剣士・鬼人),後:忍・星読み)等・・・
ban1

●制限レベルから離れている場合は「巫覡」も入れよう。
編成が安定していない場合、レベル差のない編成で挑む場合は、途中で討伐を失敗しないためにも、回復役の「巫覡」を入れておきましょう!
多くの「巫覡」は、レベル15を超えると、複数の味方を回復できる奥義を持つのがほとんどなので、レベル30まで育成ができたら、奥義を変更するのをわすれずに。

●入手したばかりの英傑は12時間遠征で手軽にレべリング
レベル1の入手したばかりの英傑をレべリングには、後半のステージ編成に組み込んで、一気にレべリングする手もありますが、
複数のレベル1英傑がいる場合は、遠征などを利用して、手軽にレべリングしていきましょう!

レベル1×5人の編成でも出発できる、12時間遠征の「TNG48に会いたい!」はキャラを大量に入手した後等は、おすすめ!
2~3回程だすだけで、あっという間にレベル10以上に育成でき、魂消費もなく安全に経験値を入手できます。

巫覡を入れない編成で,持っておくと便利な回復系の秘術

●回復系(HP)の秘術
・「神術・絶対神瘉」種族:神(神×神)
部隊全ての英傑の体力が完全回復。気絶中の英傑は無効

・「神術・神霊治療」種族:神(人×人)
部隊全ての英傑の体力が回復。気絶中の英傑には効果なし

●気絶した英傑を復活させる秘術
・「人術・英霊奮起」種族:人(人×人)
部隊全ての英傑の状態異常が回復。気絶中の英傑は復活。

・「人術・不屈の闘志」種族:人(神×神)
部隊全ての英傑の状態異常が回復。気絶中の英傑は1人だけ復活

・「妖術・代命夜行」種族:妖(妖×妖)
気絶中の英傑が全員完全復活

・「妖術・冥府反魂」種族:妖(人×人)
気絶中の英傑が1人だけ完全復活

公開日: : 最終更新日:2017/04/15 レべリング攻略, 攻略 ,

インフォメーション

DMMの新作ブラウザゲーム 一血卍傑 の攻略サイトです。イッチバンケツの情報をどこよりも早くお届けします

ゲーム攻略めでぃあっぷ

  • 人気記事


PAGE TOP