【一血卍傑】序盤のレベリングにオススメ討伐、第二章第九話「ネコマタ再来」の攻略情報まとめ!【攻略・レべリング】

ban6ある程度本編が進行してくると必要になってくるレべリング。
この記事では、序盤のレベリングで比較的周回しやすいステージ第二章第九話「ネコマタ再来」の情報をまとめています。

※第一部第二章・他ストーリーのネタバレを含みます。ストーリーに触れる部分のネタばれはないようにしていますが、
ヒントや情報を入れたくない場合は、閲覧にご注意ください。

第二章第九話「ネコマタ再来」

入手できる経験値は、序盤のステージとありかなり少ないです。ですが、本編攻略を中心に進メて行くための基本戦力を作る場合、レベルが30未満・レベル30付近の混成編成で挑む場合、
敵の数が少ないこの討伐は、比較的周回しやすいステージと思われます。ある程度英傑が育ってきたら、どんどん先のステージへ進行してきましょう!

●制限レベル:39
戦闘数:3回

●1戦目
前衛:ネコマタ(剣士)
後衛:なし

ban5

★攻略メモ★
ネコマタの戦闘タイプは「剣士」です。
攻撃範囲は前衛になり、二連撃の攻撃をしてきます。通常の悪霊に比べて体力は多めなので、後方に回復役の「巫覡」を心配な場合は連れておきましょう。

●2戦目
前衛:ネコマタ(剣士)
後衛:なし
ban5

★攻略メモ★
1戦目と同様に、ネコマタ一人が相手になるので、大きく体力が削られていなければ放置していても大丈夫です。
1戦目よりもやや体力が多めなので注意。

●3戦目
前衛:鱗兵×2、闇豚×1
後衛:魔狼×1

ban4

★攻略メモ★

3戦目は、敵の数が増え、後衛の魔狼が遠距離の先制攻撃をしてきます。攻撃範囲が前衛後衛の両方が狙われるので、体力が減っている場合は注意です!
前衛の三人も、攻撃力が高いので、レベルが低い編成で心配な場合は、見ておきましょう!

習得可能アイテム・経験知について

●製法書
稀少製法書:手動式の術計の極秘製法書
修積剣【陰】の極秘製法書、保盾【陽】の極秘製法書
剛拳篭手【陰】の極秘製法書、柏佐【陽】の極秘製法書

●経験値量について

・通常
英傑経験値:97
ban1

・紫玉×1個
英傑経験値:148

ban2

・紫玉×2個
英傑経験値:194

ban3

★まとめ★
第三章の中盤や序盤で苦戦している、という場合に、周回がしやすい討伐かと思われます。
レベルが低すぎると、三戦目の悪霊で負けてしまう可能性があるので、やはり前衛の基本戦力になりやすい(剣士・鬼人・侍)当たりの育成はおすすめです。
忍も先制攻撃が行いやすいのでおすすめです!序盤である程度の兵種を育成して、今後のスタメンを決めるのもいいかもしれません。
ただ序盤のステージということもあり、貰える経験値はやはりすくないので、ある程度上げることができたら、どんどん本編を解放して先のステージでのレべリングを目指しましょう!

また、レべリングにおすすめできそうなステージがあれば、随時情報をまとめていきたいと思います。
★レべリング攻略まとめはこちらから!

公開日: : 最終更新日:2017/01/11 レべリング攻略, 攻略 , ,

インフォメーション

DMMの新作ブラウザゲーム 一血卍傑 の攻略サイトです。イッチバンケツの情報をどこよりも早くお届けします

ゲーム攻略めでぃあっぷ

  • 人気記事


PAGE TOP