【一血卍傑】英傑画面の「輪廻」「昇天」「陰陽転身」について!【バンケツ攻略・1/11更新】

22英傑のステータス画面から選択できる要素。
「輪廻」「昇天」「陰陽転身」についての情報をまとめています!
※スマホ版リリースに伴い、ゲーム全体のUIが変更されており、当記事の画像は主に旧ブラウザ版のデザインになっています。
用語は変わっていませんので、追々修正していきます。

「輪廻」(りんね

輪廻は、英傑(キャラクター)の強化を行うことができます!
キャラクター(英傑)を素材にして、キャラクターの強化を行いますが、輪廻の目的は英傑自身のレベルアップよりも
英傑が覚える「奥義」のレベルアップが主な目的になります。

●同キャラクターを輪廻させた場合、奥義が強化されることがあるようです!
(ウラシマタロウ同士を輪廻させて、奥義が強化されるとこんな画面)
奥義のレベルが強化されると、その奥義の効果が上がります。どれがあがるのかは、ランダムです。

22
●輪廻元と同じ兵種の英傑を素材に使用しても、奥義レベルが上がることがある!
同じキャラクター同士でなくても、同じ兵種の英傑を輪廻の素材に使っても、奥義レベルが上がることがあります。
★詳細記事はこちら!

奥義強化1-500x283
「巫覡」のオキクルミに同じ兵種の英傑「ハハミガキ」を輪廻させて、奥義レベルを上げることができました。
あがらない場合もあるので、こちらの奥義レベルがあげられる確定条件については、今後情報が集まり次第更新していきます。

奥義強化2-500x280
・輪廻で得られる経験値は、やや少ないので、強化のためにキャラクターを集める、という方法は、大変なのでおすすめできません
界貨が足りなくなる可能性も高いので、界貨は今後の転身等のために、貯めておいた方がいいかと思われます。(`・ω・´)

「昇天」(しょうてん)

英傑を界貨にかえます。
いわゆるキャラクターを売ってお金(界貨)にします。
現時点では、特別なことがなければ行なう必要はないかと思います。
界貨は討伐や、任務達成で入手することが出来るので、毎日のデイリーを消化して回収していきましょう!

●総昇天
複数の英傑をまとめて界貨に変えることができます。
序盤でうっかり選択してしまわないように注意です!

「陰陽転身」(いんようてんしん)

レベル50に到達した、英傑を進化させることです。
進化には、「陽」「陰」の二つのタイプがあり、陰なら「黒兎の陰香炉」陽なら「白兎の陽香炉」を進化前に与えておくことで、
どちらに転身させるか指定することができます。
この香炉は、曜日討伐や、デイリー任務で入手することができます。
★進化について、兵種のページで大まかにまとめています。

●陰陽転身に必要なアイテム
・「黒兎の陰香炉」又は「白兎の陽香炉」で、陰陽ゲージを満たしている英傑(レベル50)
・界貨(25000)
・英傑の兵種の魂
・転身させる属性の八卦鏡(八卦陰鏡・八卦陽鏡のどちらか)

全体の傾向として、「陽転身」で防御、「陰転身」で攻撃の傾向があるようです。
追加系の英傑は、陰陽転進後にあるステータスに特化したステータスを持つ英傑もいるので、各英傑の細かい陰陽転進後の情報に関しては、個別のページで順次まとめて行く予定です。
転身前に英傑の奥義画面で、転身後にどのような奥義を習得できるのか確認することが出来ます。

奥義変更1

●陰陽転身は、英傑の詳細画面の「陰陽転身」から!

転身の準備が出来た英傑を転身させるには「英傑詳細」から「陰陽転身」を選びましょう!

1

もしここで、「陰陽転身」ボタンが押せない場合は、香炉を与え忘れているか、何か条件が足りていない可能性があります。
英傑の一覧で、転身可能な英傑には「転身可」のマークがつくことも覚えておくと、いいかもしれません!

アイコン

無事に転身が出来る場合は、こちらの転身画面が表示されます。
ここが最終確認画面になるので、心を決めてから転身ボタンを押しましょう!
必要な転身アイテムが足りていない場合は、転身が出来ませんので、曜日討伐などで集めましょう!

2

転身ボタンを押せば、英傑が転身します!
転身ボイスは英傑ごとに、異なるので、ぜひたくさんの英傑を転身してみてくださいね !

3

 

転身後は、習得できる奥義が転身前と一部変化するので、
ここでも確認できますが、アップデートで転身前でも奥義の詳細を確認できるようになったので、事前に確認しておくほうが安心です。

陽転身キイチホウゲン

公開日: : 最終更新日:2017/01/14 攻略 , , ,

インフォメーション

DMMの新作ブラウザゲーム 一血卍傑 の攻略サイトです。イッチバンケツの情報をどこよりも早くお届けします

ゲーム攻略めでぃあっぷ

  • 人気記事


PAGE TOP